MENU

BLOG

ブログ

1963年式GMC C1500予備検査

GMC C1500の予備検査です。

この車両を予備検査するにあたり色々と勉強になりました。

シボレーであればC20という名称ですがGMCになるとC1500という名称だったりエンジンもV6の5000ccでこのエンジンもシボレーだと設定は無くGMCのみの設定だったりと当時のシボレーとGMCの差別化がはかられていた事が分かりました。デザインもフロントガラスがサイドまで回り込んでいるのも、この年式までだったりと調べていくと色々な発見がありました。

ほぼオリジナルの状態で輸入した車両でしたので手直し等はありましたし日本でも快適に乗れるようにパワステやパワーブレーキ、追加メーター等も取り付け、お客様のご要望でローダウンだったりと、その辺りはまた後日アップします。予備検査も特に問題無く終わり、後は気になった箇所の手直し等をして納車します。あともうちょっとだけお待ち下さい。

takahashi


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です