MENU

BLOG

ブログ

ベンツGクラス ファンベルト交換

お客様から突然メーター内にバッテリーのマークが点灯してパワステが効かなくなったので見てほしいと修理依頼が有りました。

考えられるのはオルタネーターとパワステポンプは1本のベルトで駆動している為ベルト切れが一番怪しいです。

ボンネットを開けて確認して見るとやはりベルトが切れてました。

しかもベルトがVタイプでは無く数本溝のリブベルトの為サキイカの様に細かく裂けてオルタネーターやクーリングファンにからみついてました。

オルタネーターのプーリーを外して絡み付いたベルトを除去しベアリングのガタ付きを点検して問題が無かったのでファンベルトとベルトの張りを自動調整するテンショナーを交換しました。

ファンベルト1本でクランクプーリーをかいしてオルタネーター、パワステエアコン、ウォーターポンプ等を動かしてますのでベルトが切れると大変な事になります。

ベルト鳴きが気になる方は早めの交換をお勧めします。

Endo


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です