MENU

BLOG

ブログ

HMMWVフロントデフ修理

フロントデフからの異音修理の続きです。
キャリパーサポートのネジ穴がタップで修正できずリコイルを発注しました。
ただ、この極太サイズのリコイルがあるかが心配です。無ければデフケースをそっくり交換になってしまいます。
さすがに、それは避けたいとこです。
リコイルはパッと見はスプリングみたいな物でダメになったネジ山にドリルで穴を一回り大きくしてからキットに入ってくる特殊なサイズのタップを立ててリコイルを入れていきます。そーすると内側が元のサイズのネジ山になります。
リコイルを入れてあげると元のネジ山より強度もあがりレース車両のエンジンなんかにも使用されてるみたいです。

20140612-201638-72998884.jpg
ありました!!
スゴイですね。リコイルJAPAN
さっそく作業です。

20140612-202842-73722340.jpg
これが一番大変かもしれません。
真っ直ぐに穴を広げないとリコイルも斜めになってしまい当然ボルトも斜めになってしまい、ちゃんと締まらなくなります。
これが失敗したら全てが終わりです。
あとはタップを立ててリコイルを入れてあげれば終了です。

20140612-203353-74033102.jpg
無事にネジ山は再生されデフを組み付ければ終了です。

takahashi


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です