MENU

BLOG

ブログ

2007年シルバラードEVAP修理

2007年シルバラードのチェックエンジン点灯です。

早速コンピューター診断でEVAP僅かな漏れでのチェックエンジン点灯です。

電気的なセンサーやバルブ類のトラブルではないのでスモークチェックで漏れている箇所を探します。

スイッチオンで少し経つと煙りが出てきました。

一目瞭然です。フューエルキャップのパッキンの劣化です。

キャップ交換後スモークチェックをして漏れは無く修理完了です。

やっぱり修理をするにあたって工具や機械は大事ですね。

takahashi


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です