MENU

BLOG

ブログ

99年サバーバン車検

サバーバンの車検です。

リフトアップしたサバーバンなんて珍しくないと思いますが、実はK-2500のターボディーゼルです。H1と同じエンジンです。しかも99年式最終モデルです。かなりレアですね。

今回のネタはただの車の紹介じゃなくて検査ラインで待っている時に初めて見る注意ラベルを発見しました。

エンジンの始動方法です。WAITランプを確認して消えたらエンジン始動と書いてあります。まぁこの辺はディーゼルだと基本的な事ですね。ただ後半の方を読むと15秒クランキングしてエンジンが始動しなかったら1分間スターターを冷やしてから、もう一度って書いてあります。

思わず、エンジンかからない事があるのかよ‼︎ 15秒ってケッコウ長いぞ‼︎

っとツッコミたくなる説明です。

極寒の地ではホントにエンジンがかからないのか、それとも一発でエンジンがかからなくても問題無いですよ。と言いたいのか•••。

なかなかアメリカンな注意書きでした。

takahashi


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です