MENU

BLOG

ブログ

GMリコール対策実施

2017年シルバラード のリコール実施です。

こちらのリコールはEBCMコンピューターのリプログラミングの作業です。

リコール内容はブレーキブースター用のバキュームポンプの劣化でバキュームレベルが下がりブレーキアシストが低下し停止距離が長くなり衝突のリスクが高まるという事です。その時にEBCM(電子ブレーキコントロールモジュール)の再プログラミングで油圧ポンプを作動させブレーキアシストを行うプログラムです。

該当車両はシルバラード 、シエラのピックアップは2014年から2018年。タホ、ユーコンなどSUV系は2015年から2018年。エスカレードは2015年から2017年となっております。

リコール情報のリンクです。

https://static.nhtsa.gov/odi/rcl/2019/RCSB-19V645-6988.pdf

日本国内ではリコール対象外の為、有償での作業となります。

作業をご希望の方はお気軽にお問合せ下さい。

takahashi


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。