MENU

BLOG

ブログ

ポルシェカイエン クーラント漏れ修理

カイエンのクーラント漏れ修理です。走行中Lowクーラントのランプか点灯し、あっという間に水温計が上昇し車の下からクーラントが大量に漏れてたそうです。この話を聞いた時点で漏れてる箇所は初期のカイエンではメジャーなVバンクの中央に通っているクーラントパイプの破損が考えられます。プラスチック製のパイプなので熱の影響と経年劣化で割れてしまいます。ポルシェも分かっているので交換部品は対策品のアルミ製のパイプと交換します。完全に失敗作ですね。水を入れると入れた水がそのまま車の下から出てきてるぐらいの水漏れです。クーラントパイプはインマニを外さないと確認できないのでバラしていきます。

やはりプラスチック製のままでした。パックリ割れてました。

対策品のアルミ製のパイプに交換です。ちなみにサーモスタットもこの時じゃないと交換できないので一緒に交換です。

それとサブタンクもプラスチック製でやはり経年劣化で割れてしまうので同時に交換します。

全て組み付け加圧テストをして漏れが無い事を確認し終了です。結構手間のかかる作業となりました。

takahashi


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です