MENU

BLOG

ブログ

アストロ ATミッション修理

アストロのATミッションの修理です。

1速から2速への変速時に滑りが感じられます。

ATFの汚れ具合を確認すると真っ黒で鼻をつく様な臭いも出てます。

コンピュータ診断をしてもコントロールバルブやソレノイドバルブに関するトラブルコードは有りませんのでクラッチの滑りが原因です。

ATミッションを車体から下ろしてオーバーホールです。

AWDの為トランスファーがあったりフロントがトーションバーの為.2WDに比べ手間はかかりました。

オイルクーラーラインをクリーニングしオーバーホールしたATミッションを車体に取り付けランニングテストをしてし変速に問題が無いので修理は無事終了です。

Endo


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です