MENU

BLOG

ブログ

フォードマスタング ウォーターポンプ交換

先日、タペットカバーパッキン交換の際ウォーターポンプからクーラント漏れを発見したので交換です。

古いとはいえフォードの場合は補機類や補機類のブラケット等を外さないとウォーターポンプが外れてくれないので意外と手間がかかります。 しかもこのエンジンだとウォーターポンプも2種類あり外して見ないと分からないという厄介物です。ポンプのインペラが中に入っているタイプと外に出てるタイプがあります。

インペラが中に入ってるタイプでした。

ちなみに外に出てるタイプはコレです。

表の見た目はほぼ同じで取り付けボルトの穴の位置も同じです。ただ当時から材質違いにしておりペラが中のタイプは鋳物で外のタイプはアルミ製と区別してたそうで今だに社外品でも材質違いで供給しています。

調べると奥が深いですね〜

takahashi


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です