MENU

BLOG

ブログ

フォード エクスペディション バキュームリーク修理

チェックエンジン点灯で入庫です。

内容は空燃比異常のリーンです。

混合気が薄いのは燃料系、吸気系、点火系、O2センサーなどの排気系、ハーネスやコネクター、PCMなど様々な原因が考えられますが、かなりアバウトな表現方法で困ってしまいますが最近の車は利口なので診断機である程度は絞れます。リーンのみのトラブルコードだととりあえず、どこからかエアー吸いをしていないか点検します。目視での点検をしますが目視だとバキュームホースをひたすら追いかけるので時間がかかりますし、どうしても目で見えにくい箇所も出てきます。

そんな時は前にもEVAPの修理で紹介したスモークテスターです。

EVAP以外でも気体の所ならどこでも使える優れ物です。

PCMの裏側からモクモクと出てきました。

PCMの裏側に穴のあいたホースがいました。ホースを新品に交換し、もう一度スモークテスターで点検しスモークが出てこなければ、その後、試乗をしチェックエンジンが点灯しなければ修理完了です。

takahashi


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です