MENU

BLOG

ブログ

キャデラックブロアム ウォーターポンプ交換

1994年式キャデラックブロアムのウォーターポンプからのクーラント漏れで交換です。

94年式なのでエンジンはLT-1です。LT-1はウォーターポンプを外すまでに色々と外すパーツが多くてチョットと手間がかかります。

LT-1は構造上ウォーターポンプの下にデスビがあるのでウォーターポンプからの水漏れをそのままにしておくとデスビの中に水が入ってしまいエンジン不調にもつながり最悪デスビキャップ、ローターも交換になり修理代が高くつく場合もあります。ただデスビキャップ、ローターも消耗品なのでウォーターポンプを外した際に一緒に交換するのもアリだと思います。今回は水漏れの発見が早かった為デスビは問題なさそうなのでウォーターポンプのみの交換です。

ポンプを回す軸のベアリングが破損してました。今回の車両は走行距離が少ないディーラー車なのでウォーターポンプは当時のままだと思います。

25年も経てば経年劣化もしょうがないですね。

takahashi


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です