MENU

BLOG

ブログ

ポルシェ964ターボ エンジン始動

コツコツと整備を続けてきたポルシェ964ターボにやっと火が入り無事エンジンがかかりました。

空冷の乾いた音と水平対向エンジンのドッドッという音が体に響き最高です。

燃料系のメンテナンスは大変でした。ガソリンも20年も経つと腐って物酷い事になります。

ガソリンタンクはプラスチック樹脂の錆は出ませんが腐ったガソリンがベタベタの粘着物になりタンクやフューエルラインに詰まってそれを除去するがとにかく大変でした。

何はともかく無事にエンジンがかかり吹け上がりも絶好調です。

ENDO


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です