MENU

BLOG

ブログ

92年 ダッチラム エンジン載せ替え

92年ダッチラムのエンジン異音の修理です。

エンジンオーバーホールかエンジン載せ替えかお客様と相談した結果中古エンジンを載せ替える事にしました。

エンジンを車体から降ろすに当たってフロント足回りを分解し、メンバーを外して下から降ろすかラジエターサポート」コンデンサーなど前周りを分解して前から引き抜くか悩みましたがエンジンサイズを見て何とか前から引き抜けと判断し作業開始です。

エンジンサイズがエンジンルームいっぱいの為、かなり大変でしたが試行錯誤の末何とか引き抜く事が出来ました。

ENDO


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です