MENU

BLOG

ブログ

ダッジラム EVAP修理

ダッジに限らずアメ車のEVAPの漏れでチェックエンジン点灯の修理には悩まされます。
テスターでピンポイントで不良部品が分かればいいですが、わずかな漏れだとか大きな漏れだとか、凄くアバウトな診断結果の場合もあり、こうなると目視で漏れてる箇所を探すしかありません。

おおまかにEVAPとは気化した燃料を大気中に放出しないようにエンジンに戻すシステムです。この気化したガスが大気中に漏れてますよ。って事を知らせる為にチェックエンジンが点灯します。だから目に見えない気化したガスを目視で見つけるのは大変なときもあります。今回のラムもバルブ関係やホースの亀裂など色々調べたんですか中々見つからず苦労したんですが、やっと見つかりました。

フューエルセンダーユニットが割れてました。ボデイーと燃料タンクのわずかな隙間からなんとなく確認できたのでタンクを降ろしてみたら大正解でした。恐らくサビの影響ですね。タンク側はキレイに掃除してセンダーユニットとロックリングは新品に交換しチェックエンジンも消えているのを確認し無事に終了です。

takahashi


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です