MENU

BLOG

ブログ

アストロ エンジン不調修理

2000年アストロのエンジン不調修理です。
アイドリングでのエンジン振れとアクセルを踏んだ時の息つき症状をみる限りミスファイヤーです。
まずはTECH2でミスファイヤーデータを確認して見ると6番シリンダーのミスファイヤーで間違いありません。何時ものようにプラグコード、ディスキャップ、プラグを点検しましたが異常なし。次はエンジンコンプレッションの点検これも異常なし後は燃料系に原因があると思いTECH2でインジェクターの動作確認をして見るとインジェクターは動作しているもののガソリンが上手く噴射されてない感じです。


スロットルボディー、アッパーインテークを外しインジェクターを交換して修理は無事終了です。  


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です