MENU

BLOG

ブログ

タイヤプレッシャーセンサーテスター

2007年からアメリカではタイヤプレッシャーセンサーが義務化され空気圧が減るとメーター内の警告灯が点灯します。

安全と言えば安全ですが当然不具合も出てきます。社外ホイールでセンサーが装着されていなかったりセンサー本体も電池で電波を出しているので電池が切れると警告灯が点灯します。

メーカーによってはローテーションをしただけでも点灯します。

かといって警告灯が点灯したままじゃ気になりますよね。

その為にタイヤプレッシャーセンサーを学習させる専用テスターを使います。

社外ホイールの場合はセンサーの有無とセンサーが装着されていれば車輌と学習させます。

ローテーションした場合でも同じです。

ただメーカーや年式によって車輌自体を学習モードにさせないとテスターがあっても意味がありません。

って事で2015年式の新型タホで試してみました。

   

 

GM車は2010年まではテスターがなくても学習できたんですが11年から必要です。しかも新型の15年からは車輌を学習モードにさせる方法も変わってまたが学習モードに入ってからは一緒でした。

無事に完了です。

新型のGM車限らず旧型、他メーカーの車輌でタイヤプレッシャーのランプに悩まされてる方はお問い合わせ下さい。

takahashi


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です