MENU

BLOG

ブログ

1979年シボレーC-10修理

1979年式シボレーC10の修理及びカスタムです。

カスタムの内容は、このままでもカッコいいC10のローライダーですが車高をノーマルに戻してホイールもスチールホイールに交換しオリジナルのスタイルにしてイメージは農家のおじいちゃんが使っているような感じにしたいという事です。プラス悪い所もあれば修理及び交換のご依頼です。

早速フロント廻りをバラしていきます。

スピンドルとコイルでローダウンしてあったので交換します。アッパー、ロア共にボールジョイントにガタがありブーツも切れていたので交換します。

右がノーマル車高用の足廻りの部品です。こちらを組んでいきます。フロントブレーキローターも交換です。

アイドラアームも上側のフタからグリスが出てきてしまい、これではボールジョイント側にグリスが入っていきませんので交換します。フロントの足廻りはこれで完了です。

セルモーターも調子が悪く配線を点検しセルモーター外してみると端子のケースが割れてました。

恐らく配線を固定する時に締め過ぎて割れてしまったと思います。こちらも交換となります。あとはブレーキも調子が悪いのでこれから点検していきます。

takahashi


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。