MENU

BLOG

ブログ

HMMWV修理

HMMWVのエンジンのシリンダーヘッドガスケットとタペットカバーからのオイル漏れ修理です。ヘッドガスケット交換になりますので補機類を外しヘッドを外していきます。

OHVなのでヘッドを外すのは難しくはないですが外した後の残ったガスケット類やスラッジ等を掃除するのが時間がかかります。

あとは新品のガスケットに交換し組み上げれば完了です。

今回は左バンクでしたが右バンクのタペットカバーから漏れていたので修理します。

HMMWVもH1もタペットカバーパッキンは使用せず液体ガスケットなのてガスケットのカスをエンジン内部に落とさないように丁寧に剥がしていきます。もちろん塗る時も極力エンジン内部側にははみ出さない様に作業します。これでエンジンのオイル漏れは直って一安心ですが、ふとエンジンルームを見た時にビックリした光景が目に入りました。

オートマクーラーの入口と出口がホースでUターンされてます。クーラーに穴でも開いてオイルが流れないようにしているのかと思いましたがよく見るとミッションに繋がるメタルのパイプも見当たりません。完全に外されてました。なんでこんな事をしたのか謎ですが、このままではミッションがオーバーヒートしてあっという間に壊れてしまいます。早速、部品を注文し取り付けていきます。

オートマオイルを入れてからクーラーに漏れがないか確認しましたがオイルは漏れてきませんでした。なんで、こんな事をしたのか•••。ひょっとしたらパイプが破損して、って事も考えられますが完全にパイプを取り除く必要もないと思います。

謎が深まります。とりあえず現状は特に問題はないので結果オーライです!

それともう1点発見しちゃいました。

フロント側のボディーマウント左右が固定さていませんでした。これまた始めて見る光景です。当然このままにはしておけませんのでロアー側のマウントを取り付けます。

ATクーラーホースもボディーマウントも知らなければそのまま気にせず乗ってしまいますが知ってしまうと怖くて乗れないですよね。世の中、知らないままの方が良い事って沢山ありますよね。(笑)

takahashi


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です